乾燥肌は洗顔石鹸で洗うことを心がけよう

顔が乾燥肌だと、トラブルも起こりやすくなります。顔が突っ張ったり、化粧がうまくできなかったり、さらにシワになりすいなんてことが起きやすくなります。特に女性は、乾燥肌を気にしてしまうでしょう。

そんな乾燥肌の人は洗顔石鹸で洗おう

そんな乾燥肌の人が洗顔フォームを使っていたら、余計に乾燥肌になるかもしれません。洗顔フォームは洗浄力が強く、必要以上に角質や皮質を、さらに脂分まで落としてしまうこともあります。
肌トラブルになった場合、処置として病院からも洗顔石鹸を使うことを勧められることもあるのです。乾燥肌ならば、洗顔石鹸を使った方がいいでしょう。

洗顔石鹸は余分に落とさない

洗顔石鹸のほうが、洗顔フォームのように洗浄力が強くはありません。しかし、汚れは落ちますし、また必要以上に角質や皮質、脂分を落とさないので、顔のうるおいは残りやすくなります。また、洗顔石鹸にある脂分が乾燥肌に加わることで洗ったあと、乾燥しにくくなることもあるのです。洗顔石鹸を使った方が、乾燥肌にはいいと言えるでしょう。

しかし、ある程度洗顔の回数も大切です。ついつい洗いすぎると余計に肌が乾燥しやすなることもあります。時には洗顔石鹸を使わずにぬるま湯だけの方がいいのです。熱いお湯だと、肌の中の脂分が肌の外に出やすくなるので、脂分を出さないようにすることも大切です。ですので、洗顔石鹸を使うときには、ぬるま湯にすればさらによくなるはずです。

最後に

あと、乾燥肌のポイントとして保湿も気になるところです。保湿についても洗顔石鹸のほうが、守られると言われています。この点からみても、洗顔石鹸で洗うことを心がましょう。